【平常心】緊張しない。心を落ち着かせるために心がけていること【リラックス】

能力開発

こんにちは!nagaです!
今回は私が心を落ち着かせるために心がけていることをご紹介します。

部活の試合、試験、就職面接、プレゼン、愛の告白、プロポーズ、などなど、
人生には緊張する場面がいっぱいあります。

人間は緊張していると100%の力が発揮できないものです。
人生の重要なシーンで心を落ち着かせ、緊張しないで、リラックスして臨めるように
私が普段から心がけていることをご紹介します!

基本的な考え方として

手のひらに「人」という字を書いて飲み込む

みなさんはこのおまじないを聴いたことがあるでしょうか?

緊張を和らげる方法として有名なこのおまじない、
効果的に活用できている人はどれだけいるでしょうか?

人間は理性でものを考えてしまうので
「人の字を飲み込んだって何の意味があるのか?」
「ただの気休めでしょ?」
という考えがどうしても浮かんでしまいます。

このおまじないは自己暗示の一種なので
このような考えが浮かんでしまった時点で効果はゼロになってしまいます。

「「人」という字を書いて飲み込めば緊張しないんだ!」

と完全に信じ込むことができればよいのですがそれも難しいことです。

そこで私は、

「これをすれば(こういう考え方をすれば)緊張しないでいられる!」
「なぜならばこうだからだ!」

という私自身が真に納得できる理由を探してみることにしました。
真に納得できる理由であれば、
おまじないの例のように疑念が生じることもなく、
その理由を心のそこからの根拠としてどんなときも落ち着いていることができるはずです。

見つけたのがこれです!

①うまくやろうとしない

ハードルを高く設定すると緊張してしまいます。
むしろハードルを設定することをやめて失敗したとて死にはしないと考えます。
失敗したっていいのだから緊張しません。

②200年後のことを考える

現在の人間の平均寿命を考えると200年後はみんな天国です。
そう考えると今緊張していることや悩んでいることなんでどうでもよいことです。

③戦国時代のことを考える

戦国時代では、日本各地で合戦がおこりたくさんの人がなくなっていました。
指揮官ならまだしも最前線の雑兵として戦に参加した日には無事でいられる保証はまったくありません。
それと比べたら今緊張していることや悩んでいることなんでどうでもよいことです。

自分が納得できる理由を見つけることが大事

上にあげたものはあくまで私が納得できる理由であって
皆さんにとっては違うと思います。
自分が心の底から納得できる理由を自分自身で見つけることが大事です。

みなさんも「これだ!」というものを見つけてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました