【投資】【つみたてNISA】メリットとデメリット【少額投資非課税制度】

投資

こんにちは!nagaです!
今回は「つみたてNISA」のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

投資は自己責任です。
リスクを正しく認識したうえで投資判断は必ずご自身でするようにお願いいたします。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは投資で得た利益に税金がかからず非課税になる制度のことです。

同じように投資で得た利益に税金がかからず非課税になる制度として「NISA」があります。

つみたてNISAはNISAのつみたて版といったところです。

NISAについてはこちらの記事をご参照ください。

では、つみたてNISAについて詳しくみていきます。

つみたてNISAの特徴

非課税期間が20年間

NISAは非課税期間が5年間です。

一方、つみたてNISAは非課税期間が4倍の20年間です。

より長期でじっくりと資産運用ができるようになっています。

1年間に買い付けできる金額は40万円まで

NISAは1年間に買い付けできる金額は120万円でした。

一方、つみたてNISAは1年間に買い付けできる金額は40万円です。

少額で長期にわたって資産運用をしてもらうために、
NISAと比べてつみたてNISAは、非課税期間が20年と長いかわりに、1年間に買い付けできる金額は40万円までとなっています。

投資対象が投資信託に限定されている

NISAは「TOYOTA」や「NTT」、「ソフトバンクグループ」などの個別の企業の株式について
買い付けることができます。

一方、つみたてNISAは、投資対象が投資信託に限定されています。
(つみたてNISAで「TOYOTA」の株を買うことはできません)

国が定めた基準を満たした投資信託だけがつみたてNISAで買い付けることができるため、
初心者にも始めやすいものになっています。

投資信託とは、投資のプロ(ファンドマネージャー)が銘柄の選定・運用を行ってくれる金融商品です。

ファンドマネージャーに運用を任せることになるため
信託報酬と呼ばれる手数料を支払う必要があります。

ただ「S&P500」や「日経225」といった指数に連動する(同じ値動きをする)
投資信託もあり、こちらは信託報酬はかなり安めになっています。
(何も考えずに指数に連動するように設計するだけなので)

NISAとつみたてNISAの併用はできない

その1年間(1月~12月)において、NISAとつみたてNISAは併用できません

証券会社に変更届を行うことで、ある年はNISA、ある年はつみたてNISAというように、
年が変われば切り替えを行うことはできます。

つみたてNISAのメリット

長期にわたって利益が非課税になること

つみたてNISAのメリットはなんといっても20年間という長期にわたって利益が非課税になることです。

こつこつ、つみたてるだけ

つみたてNISAでは毎月決まった金額で投資信託をこつこつ購入していきます。

NISAの場合には、いつ買って、いつ売るかの投資判断が必要でしたが、
こつこつつみたてる、つみたてNISAではこの苦労から解放されます。

ときには相場の大暴落で投資信託の評価額が大きく下がってしまうことがあります。

そんな時にも変わらずこつこつ購入することで、
その後の相場の回復局面で大きく利益を上げることも可能です。

月々の購入金額を変更することができますが、
相場の浮き沈みはだれにも予測できませんので
毎月定額にしておくのが無難だと思います。

つみたて投資は投資信託の価額が、
短期でみれば浮き沈みはあるものの、
20年という長期でみたら右肩上がりに成長していくという前提となります。

なのでどの投資信託に投資をするのかが重要になってきます。
(この前提を満たせる投資信託なのかどうか)

初心者のかたには「全世界株式」を対象にした投資信託がおすすめです。
全世界の株式がまるっと投資対象になっていてるため、
分散効果もはたらきつつ、人類社会の成長の果実をまるっと取り込むことができます。
(これも人類社会が長期でみれば成長するという前提ありきではありますが・・・)

つみたてNISAのデメリット

少額なので短期で大きく資産を増やしたい方には向かない

1年間に40万円、月にすると3万3333円までしたつみたてられないため、
短期で資産を増やしたい方には向きません。

その場合は、非課税投資可能枠が1年間に120万と大きなNISAを利用するとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました