【投資】【企業分析】キャッシュフロー計算書について解説します!【企業の資金繰りの状態を把握する】

投資

こんにちは!nagaです!
今回はキャッシュフロー計算書について解説します!

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書は企業がもつ現金(キャッシュ)の増減を明らかにする書類です。

企業の資金繰りの状態を把握することができます

企業は3か月に1度(四半期に1度)、
企業の経営成績と財政状態を発表します。

これを「決算」といいます。

決算の時に公表する書類を「決算書類」といいます。

キャッシュフロー計算書はこの決算書類の一つです。

キャッシュフロー計算書をみることで、
貸借対照表と損益計算書では把握することができなかった
企業の資金繰りを把握することができます。

キャッシュフロー計算書は「C/F(シーエフ)」と呼ばれることもあります。
CとFは「Cash(現金)とFlow(流れ)」からきています。

貸借対照表と損益計算書についてはこちらの記事をご参照ください。

キャッシュフロー計算書における「キャッシュ」とは、
現金(紙幣や硬貨)だけでなく当座預金や定期預金(満期が3か月以内)など(これを現金同等物といいます)も含みます。
要するにスグスグ換金できるものは「キャッシュ」です。

キャッシュフロー計算書の構成

キャッシュフロー計算書は、下記の3つの項目から成り立っています。

・営業活動によるキャッシュフロー
・投資活動によるキャッシュフロー
・財務活動によるキャッシュフロー

順にみていきましょう!

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローは、営業活動、つまり本業の活動で
どれだけキャッシュを稼ぎ出すことができているかを表します


営業活動によるキャッシュフローの項目がプラスなら、
本業が順調でキャッシュを稼ぐことができていることを意味します。

逆に営業活動によるキャッシュフローの項目がマイナスなら、
本業の活動が不調でキャッシュが流出してしまっていることを意味します。

ここで注意していただきたいのは、
企業が利益をあげているかどうかと
キャッシュフローがプラスかどうかはイコールではない
ということです。

企業が利益をあげていても、
売り上げをキャッシュとして回収できていなければキャッシュフローはゼロです。

借りたお金を返せなくなると企業は倒産します。

利益をあげているのに手元にキャッシュがなくて
借りたお金を返せなくなり倒産。ということが起こりうるのです。

naga
naga

いわゆる「黒字倒産」と呼ばれるものです。

 

そのため、損益計算書で利益を把握するだけでなく、
キャッシュフロー計算書で企業のキャッシュの状態も併せて把握することが大切です。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローは、
設備投資などの企業の投資活動によるキャッシュフローを表します

企業は事業を成長させるために、
土地を購入したり、工場を建設したり、機械を購入したりします。
これを投資といいます。

投資活動によるキャッシュフローの項目がマイナスなら、
企業が積極的に事業成長のための投資を行っていることを意味します。

投資活動によるキャッシュフローの項目がプラスなら、
企業が投資活動で得た土地、工場、機械などを売却していることを意味します。

財務活動によるキャッシュフロー

企業は事業を行うために、
株式や社債を発行したり、銀行からお金を借り入れて資金を調達します。

これを財務活動といいます。

財務活動によるキャッシュフローの項目がプラスなら、
株式や社債の発行、銀行からの借り入れにより、キャッシュが企業内に流入したことを意味します。

財務活動によるキャッシュフローの項目がマイナスなら、
社債の債権者や銀行に、資金を返済していることを意味します。
(ちなみに、株式と引き換えに投資家から出資してもらった資金は返済義務がありません。)

naga
naga

社債とは、企業が資金調達のために発行する債券のことです。

債権を購入した人には定期的に利息が支払われ、
償還日(満期となる日のことです)に元本も返済されます。

社債を発行する企業にとっては返済しなければならない「負債」となります。

理想的な企業のキャッシュフローとは

理想的な企業のキャッシュフローは下記とされています。

・営業活動によるキャッシュフローがプラス
  →本業でキャッシュを稼ぐことができていることを意味します

・投資活動によるキャッシュフローがマイナス
  →積極的に事業拡大のための投資を行っていることを意味します

・財務活動によるキャッシュフローがマイナス
  →借りたお金を返済できていることを意味します

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローという言葉があります。

フリーキャッシュフローは下記のように
営業活動によるキャッシュフロー(通常はプラス)と
投資活動によるキャッシュフロー(通常はマイナス)を足したものです。

フリーキャッシュフロー(円)=営業活動によるキャッシュフロー(円)-投資活動によるキャッシュフロー(円)

例えば、
営業活動によるキャッシュフローが+100億円
投資活動によるキャッシュフローが-30億円の企業であれば、
フリーキャッシュフローは100億円+(-30億円)=70億円となります。

フリーキャッシュフローは、本業によって、どれだけ、
投資によるキャッシュアウト(キャッシュが企業から流出すること)を上回るキャッシュを稼げているかを表していて、
企業の資金繰りの安定性を示しています

キャッシュフローマージン

キャッシュフローマージンは、売上高に対してどれだけキャッシュを稼げているかを表す指標です。

下記のように計算します。

キャッシュフローマージン(円)=営業活動によるキャッシュフロー(円)÷売上高(円)×100

例えば、
営業活動によるキャッシュフローが100億円、売上高が1000億円の企業は
キャッシュフローマージンが100億円÷1000億円×100の計算で10%です(①)。

営業活動によるキャッシュフローが50億円、売上高が1000億円の企業は
キャッシュフローマージンが50億円÷1000億円×100の計算で5%です(②)。

これは①の企業の方が②の企業よりもキャッシュを稼ぐ能力が高いことを表しています。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回はキャッシュフロー計算書についてみていきました。

キャッシュフロー計算書を見ることで、
企業の経営成績を表す損益計算書、
企業の財政状態を表す貸借対照表だけでは見えてこない、
企業の資金繰りの状態を把握することができます。

損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の3つをつかって、
企業の状態を正しく把握できるようになりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました