【投資】【確定拠出年金(iDeCo・イデコ)】老後のためのじぶん年金作り【節税効果も】

投資

こんにちは!nagaです!
今回は確定拠出年金(iDeCo・イデコ)について紹介します!

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは

iDeCo(イデコ)とは、
毎月お金を積み立てて(拠出して)60歳になったら年金として受け取ることができる制度です。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の特徴

運用益が非課税

iDeCo(イデコ)では毎月お金を積み立てて(拠出して)投資信託を購入していきます。

購入した投資信託の運用により発生した運用益は非課税になります。

例えば60歳までの間に200万円の運用益が発生した場合、
通常であれば200万円の約20%を税金として支払わなければなりませんが、
iDeCo(イデコ)の運用益は非課税となります。

ただし、後述のように、年金の受け取り時は、
その受け取り金額に対して税金ががかかります。

積み立てが節税になる

iDeCo(イデコ)では毎月積み立てた金額が所得控除として扱われます。

所得税や住民税を計算するうえでの所得を少なくすることができますので、
所得税や住民税の支払いを少なくすることができます

なので所得税や住民税を多く支払っている所得の高い方にはおすすめの制度となっています。
逆にほとんど所得税や住民税の支払いのない方は節税の恩恵を受けることは難しくなっています。

60歳までは受け取ることができない

iDeCo(イデコ)で毎月積み立てた金額は、60歳になるまで受け取ることはできません

長期にわたり資金が拘束されることになります

そのため積み立ては余裕資金で行うことがとても重要です。

年金を受け取る時に課税される

iDeCo(イデコ)は運用益に対しては非課税ですが、
年金の受け取り時に受け取り金額に対して課税されます

年金の受け取り方法は、
一括で受け取る方法と、
年金として分割で受け取る方法を選ぶことができます。

一括で受け取る場合は「退職所得」
年金として分割で受け取る場合は「公的年金等の雑所得」として扱われます。

どちらも「所得」の扱いとなり税金がかかりますが、
サラリーマンの給与にかかる「給与所得」などと比べて
支払う税金が少なくなるようになっています
(退職金や年金でいっぱい税金を払わなければならないのはあまりに酷なので・・・)

受け取り時に課税はされるものの、
運用益+積み立て時の節税額の方が大きければトータルで得をするということになります。

投資信託を自分で選んで購入する

iDeCo(イデコ)で購入する投資信託は自分で選んで購入します。

つみたて投資は投資信託の運用成果が、
短期でみれば浮き沈みはあるものの、
長期でみたら右肩上がりに成長していくという前提となります。

なのでどの投資信託に投資をするのかが重要になってきます。
(この前提を満たせる投資信託なのかどうかが重要)

初心者のかたには「全世界株式」を対象にした投資信託がおすすめです。
全世界の株式がまるっと投資対象になっていてるため、
分散効果もはたらきつつ、人類社会の成長の果実をまるっと取り込むことができます。
(これも人類社会が長期でみれば成長するという前提ありきではありますが・・・)

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は確定拠出年金(iDeCo・イデコ)についてご紹介しました。

所得税や住民税の節税の恩恵を受けられる方
そして余裕資金で積み立てが行えて
60歳までの資金拘束に抵抗のない方にはとてもおすすめの制度となっています。

節税額については、各証券会社のサイトでは節税額のシミュレーションが行えるようになっていますので、活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました