【投資】株を買うべきか売るべきか判断するための指標まとめ【ファンダメンタルズ分析】【テクニカル分析】

投資

こんにちは!nagaです!

今回は株を買うべきか売るべきか判断(投資判断)するための指標のまとめです。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

投資家は株を買うべきか売るべきか判断するために分析を行います。

この分析には、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つがあります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズとは、経済の基礎的条件と訳され、
経済の世界では、GDP(国内総生産)や経済成長率、物価上昇率、失業率などがあたります。

株式投資の世界では、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、ROE(株主資本利益率)などがあたります。

PER(株価収益率)などの指標は、企業の経営成績や財政状態を表す指標です。
つまり、ファンダメンタルズ分析は企業を分析することに他なりません

PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)のもとになる、
損益計算書(P/L)や貸借対照表(B/S)もファンダメンタルズといえます。

PER(株価収益率)などの詳細は後述の「ファンダメンタルズ分析で使用する指標」に記事へのリンクを記載しておりますので、
そちらをご参照ください。

PER(株価収益率)などのファンダメンタルズを分析して「株式の本質的価値」を見定めるのが
ファンダメンタルズ分析
です。

「株式の本質的価値」が株価よりも高ければ、株を買い、
「株式の本質的価値」が株価よりも低ければ、株を売ります。

ファンダメンタルズ分析で使用する指標

ファンダメンタルズ分析で使用する指標です。
記事にまとめていますのでご参照ください。

テクニカル分析

株価の過去の値動きをチャート(グラフ)で表し分析を行うのがテクニカル分析です。

ファンダメンタルズ分析では「企業」を分析し将来の株価を予測するのに対し、
テクニカル分析では「過去の株価」を分析し将来の株価を予測します

テクニカル分析には、
トレンド分析とオシレータ分析の2つがあります

テクニカル分析>トレンド分析

トレンド分析では、株価の動く方向(トレンド)を分析します。

上昇トレンド(株価が上昇していく)と判断した場合は、株を買い
下降トレンド(株価が下落していく)と判断した場合は、株を売ります。

テクニカル分析>トレンド分析の指標

トレンド分析の指標には下記のものがあります。
詳細を順次記事にしていきますのでお待ちください…m(__)m

・移動平均線
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
・パラボリック
・ポイントアンドフィギュア
・ペンタゴンチャート

テクニカル分析>オシレーター分析

オシレーター分析では、
株価が買われすぎの水準にあるか、株価が売られすぎの水準にあるかを分析します

オシレーターとは日本語で「振り子」や「振り幅」という意味です。

株価が売られすぎの水準と判断した場合は、株を買い
株価が買われすぎの水準と判断した場合は、株を売ります。

テクニカル分析>オシレータ分析の指標

トレンド分析の指標には下記のものがあります。
詳細を順次記事にしていきますのでお待ちください…m(__)m

・RSI
・ストキャスティクス
・DMI
・MACD
・CCI

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は株を買うべきか売るべきか判断(投資判断)するための指標のまとめでした。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つの分析方法があります。

私は、
銘柄選定(どの企業の株を買うか)はファンダメンタルズ分析、
いつ買うか(いつ売るか)はテクニカル分析を用いています


なんとなくで株を売り買いするのではなく、
「ファンダメンタルズ分析の指標」と「テクニカル分析の指標」を確認したうえで、
株を売り買いするようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました