ネットワーク

ネットワーク

OSI参照モデルとは?

OSI参照モデルはネットワークのプロトコルを7つの階層に分類したものです。7つの階層に分類することによってプロトコルの機能が明確になります。ネットワークを学習するときにはそのプロトコルがOSI参照モデルのどの層に属するプロトコルなのか意識することが大切です。
ネットワーク

OSI参照モデルとTCP/IPモデル

OSI参照モデルとTCP/IPモデルの対応について説明しています。 OSI参照モデルのほうTCP/IPモデルよりも細かく階層が分かれています。ただ実際に普及しているのはTCP/IPモデルのほうです。
ネットワーク

【OSI参照モデル】カプセル化と非カプセル化を解説

こんにちは!nagaです! 「OSI参照モデル」や「TCP/IPモデル」では 「層」というものでプロトコルを分類していました。 今回は「OSI参照モデル」の「層」と「層」の間でどのようにデータが受け渡されるのかを解説したいと思います! キーワードは「カプセル化」と「非カプセル化」です!
ネットワーク

TCP/IPモデルとプロトコル

コンピュータとコンピュータがネットワークを通じて通信するとき、 様々なプロトコルが利用されています。 TCP/IPモデルでは、それらのプロトコルが役割に応じて分類されています。
ネットワーク

物理層とは?

物理層では、電気信号や光信号を「0」と「1」の信号に変換し、 それを正しく送受信するためのルール・機能が定義されています。 ネットワークメディア(伝送媒体)の種類などもこの層で定義されています。
ネットワーク

物理層で活躍するネットワーク機器「ハブ」

物理層の機器に「ハブ」があります。ハブは物理層の機器ですので、物理層の役割を担うだけの機能を持ちます。(言い方をかえると、物理層の役割以上のことはできません。) 信号を増幅・整形する機能。集線装置としての機能があります。
ネットワーク

データリンク層で活躍するネットワーク機器「L2スイッチ」

データリンク層の機器にL2スイッチがあります。L2(レイヤ2)はOSI参照モデルの第2層、つまりデータリンク層のことです。 L2スイッチはデータリンク層で機能する機器です。 L2スイッチは物理層で機能するハブと同等の機能を持っています。 L2スイッチは、さらにMACアドレスフィルタリング機能を持っています。
ネットワーク

データリンク層で活躍するプロトコル「イーサネット」

OSI参照モデルのデータリンク層では、 隣接するノードと通信を行うためのルール・機能が定義されています。 データリンク層のプロトコルに「イーサネット」があります。 現在のLANはほとんど「イーサネット」で構築されていますので押さえておきましょう。
ネットワーク

データリンク層で活躍するアドレス「MACアドレス」

ネットワークの世界では ・MAC(Media Access Control)アドレス ・IP(Internet Protocol)アドレス という2つのアドレスの組み合わせで通信相手を識別します。「MACアドレス」についてみていきましょう。
ネットワーク

RIP~シンプルなルーティングプロトコル~

この記事ではルーティングプロトコルの一つであるRIP(Routing Infomation Protocol)について説明します。 ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコル 小規模なネットワークで使用される ディスタンス...
タイトルとURLをコピーしました