【ワーキングメモリーを鍛えて仕事や勉強の効率アップ】鬼トレの具体的な内容!鬼朗読とは?

ナガ

こんにちは!
資格試験好き会社員のナガです

ワーキングメモリーを鍛えて仕事や勉強の効率をアップさせる「鬼トレ」の具体的な内容についてご紹介していきます!

「鬼トレ」とは何なのか?気になる方はこちらの記事をご覧ください。

今回は「鬼朗読」です。

目次(クリックで飛べます)

鬼朗読のやり方

鬼朗読では、画面に文章が表示されるので、その文章を朗読(音読)します。

文章の一部に下線が引いてあります。

文章を朗読しながら下線が引いてある箇所の文字を覚えます。

文章ひとつにつき下線は1つです。

レベルがあがるにつれ文章の個数が増えていきます

ナガ

つまり覚えるべき下線の個数も増えていきます

最後に覚えておいた下線の文字を、まとめて回答します。

文章はこんな感じで表示されます。(↓動画です。)

鬼朗読の感想

きちんと声をだして朗読しないと次の文章に進めないようになっていました。

なので朗読をサボることはできません

文字を認識して声をだすということと、
下線の文字を覚えるということを同時に行うため、
トレーニング中は「脳が鍛えられている!」という感じがします。

複数のことを同時に行うということがワーキングメモリーを鍛えるのにはいいんだと思います。

ナガ

私はレベル上限のレベル8(文章8個)まで到達しました!カンストしました!
みなさんも頑張ってみてください!

ちなみに川島隆太教授ご本人の『鬼朗読』の記録は6バックだそうです。(2013年1月7日現在 下記サイトより

鬼計算トレーニングデータ解析レポート https://www.nintendo.co.jp/3ds/asrj/report/index.html

その他の鬼トレ

鬼トレにはその他にもいろいろな科目があります。

興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

資格試験好き。IT系会社員です。
株式投資歴5年|プログラマー歴10年|データベーススペシャリスト|
ネットワークスペシャリスト|情報処理安全確保支援士(セキュリティスペシャリスト)|FP2級|簿記2級

コメント

コメントする

目次(クリックで飛べます)
閉じる