スポンサーリンク
プログラミング

物理層とは?

コンピュータの内部では、情報は「0」と「1」の2進数で取り扱われています。コンピュータとコンピュータがネットワークを通じて通信するとき、送信元のコンピュータが「0」と「1」の情報を電気信号や光信号に変換しケーブルに流し込みます。物理層では...
プログラミング

物理層で活躍するネットワーク機器「ハブ」

前回の記事ではOSI参照モデルの物理層について紹介しました。下の図はOSI参照モデルの物理層、データリンク層、ネットワーク層の各層に対応するネットワーク機器を示しています。今回は物理層で活躍するネットワーク機器「ハブ」を紹介します。 ...
プログラミング

データリンク層で活躍するネットワーク機器「L2スイッチ」

前回の記事では物理層のネットワーク機器「ハブ」について紹介しました。 下の図はOSI参照モデルの物理層、データリンク層、ネットワーク層の各層に対応するネットワーク機器を示しています。 今回はデータリンク層で活躍するネットワーク機器「L2ス...
プログラミング

データリンク層で活躍するプロトコル「イーサネット」

前回の記事ではデータリンク層のネットワーク機器「L2スイッチ」について紹介しました。今回はデータリンク層のプロトコル「イーサネット」について紹介します。OSI参照モデルのデータリンク層では、隣接するノードと通信を行うための機能が定義されて...
プログラミング

データリンク層で活躍するアドレス「MACアドレス」

コンピュータとコンピュータがネットワークを通じて通信を行うために 通信相手を正しく識別する必要があります。 ネットワークの世界では ・MAC(Media Access Control)アドレス ・IP(Internet Protocol)...
プログラミング

ネットワークの勉強をするときに覚えておくと便利なTips

覚えておくと便利なTipsをご紹介します。
プログラミング

10進数を2進数に変換してみましょう!

私たちが普段使用している「10進数」は「0」「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」の10種類の値で数値を表現します。 一方、「2進数」は 「0」と「1」の2種類の値で数値を表現します。コンピューターの内部で情報は「2進数...
プログラミング

2進数を10進数に変換してみましょう!

「10進数」を「2進数」に変換することができましたね。つぎは、「2進数」を「10進数」に変換する方法をみていきましょう!<変換方法>「2進数」の各桁に2n-1を掛け、それぞれを足し合わせる。これだけです! nは何桁目かを表しています。3桁...
プログラミング

2進数を16進数に変換してみましょう!

「2進数」を「10進数」に変換することができましたね。つぎは、「2進数」を「16進数」に変換する方法をみていきましょう!ネットワークの世界では「16進数」で表される数値がたびたび登場しますので、「16進数」がどういうものか理解しておくこと...
プログラミング

RIP~シンプルなルーティングプロトコル~

この記事ではルーティングプロトコルの一つであるRIP(Routing Infomation Protocol)について説明します。 ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコル 小規模なネットワークで使用される ディスタンス...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました