株価の割安度を測る!PBR(株価純資産倍率)とは?

ナガ

こんにちは!ナガです

今回はPBR(株価純資産倍率)について紹介します。

わかりやすく解説していますのでぜひ見ていってください!

目次(クリックで飛べます)

PBRとは

PBR(株価純資産倍率)は、「株価が1株あたりの純資産の何倍か」を表す指標です。

PBRは「Price Book-value Ratio」の頭文字をとったものです。
日本語だと「株価純資産倍率」といいます。

Priceは「株価」、Book-valueは「純資産」、Ratioは「比率」です。

これだけですと理解が難しいと思いますので、
PBRの計算式からPBRの意味するところを見ていきましょう♪

PBRの計算式

PBRは下記のように計算します。

PBR(倍)=株価(円)÷BPS(円)

計算式は簡単で、株価をBPSで割るだけです。

株価とは、その言葉どおりその企業の株式1株の価格です。

BPSは1株当たりの純資産のことで、純資産を発行済み株式総数で割って求めた金額です。
純資産は、企業が保有する機会や商品などの全ての資産から、
銀行からの借入金などの他者に返済すべき負債を引いたもので、
企業が仮に現時点で事業を辞めて解散したとしたら株主に配分されるべき金額です。
つまりBPSは、企業が仮に現時点で解散した場合に株主に配分される1株あたりの金額ととらえることができます。

BPSについて詳しくはこちらをご確認ください

PBRは下記のように計算することもできます。

PBR(倍)=時価総額(円)÷純資産(円)

時価総額は、株価(1株の価格)に発行済み株式総数を掛けたものです。
発行済み株式総数はその企業が発行したすべての株式の数のことです。
つまり時価総額は、その企業の株式をすべて買い占めるために必要な金額を表しています。
株式をすべて買い占めることは、その企業を完全に支配下に置くことと同じですから、時価総額は「企業そのものの価格」ととらえることができます。

時価総額について詳しくはこちらをご確認ください

純資産は、企業が保有する機会や商品などの全ての資産から、
銀行からの借入金などの他者に返済すべき負債を引いたもので、
企業が仮に現時点で事業を辞めて解散したとしたら株主に配分されるべき金額です。

貸借対照表(純資産)について詳しくはこちらをご確認ください

2つ、PBRの計算式を紹介しましたが、下記の通り、
2つの計算式の意味するところは全く同じです。

PBR(倍)
=時価総額(円)÷純資産(円) ←【2つ目の式】 
=(株価(円)×発行済株式数(株))÷(BPS(円)×発行済株式数(株))
=(株価(円)×発行済株式数(株))÷(BPS(円)×発行済株式数(株))←【約分します】
=株価(円)÷BPS(円) ←【1つ目の式】

PBR計算の具体例

具体的な例を見てみましょう。

株価が1000円、BPSが500円の企業のPBRを計算してみましょう。

PBR(倍)=株価(円)÷BPS(円)
      =1000円÷500円
      =2倍

つぎに、株価が2000円、BPSが500円の企業のPBRを計算してみましょう。

PBR(倍)=株価(円)÷BPS(円)
      =2000円÷500円
      =4倍

つぎに、時価総額が1000億円、純資産が500億円の企業のPBRを計算してみましょう。

PBR(倍)=時価総額(円)÷純資産(円)
      =1000億円÷500億円
      =2倍

つぎに、時価総額が2000億円、純資産が500億円の企業のPBRを計算してみましょう。

PBR(倍)=時価総額(円)÷純資産(円)
      =2000億円÷500億円
      =4倍

PBRの意味するところとは

PBRは株価を1株あたりの純資産(BPS)で割って求めることから、
株価が1株あたりの純資産(BPSの何倍か」を表しています。

まず、1株あたりの純資産(BPS)の意味について考えてみましょう。

純資産は、企業が保有する機会や商品などの全ての資産から、
銀行からの借入金などの他者に返済すべき負債を引いたもので、
企業が仮に現時点で事業を辞めて解散したとしたら株主に配分されるべき金額です。

ナガ

そのため「純資産」は「解散価値」ともよばれます。

以上のことから、
1株当たりの純資産(BPS)は「企業が仮に現時点で解散した場合に株主に配分される1株あたりの金額」ととらえることができます。

よってPBRは、

株価(1株の価格)が、
企業が仮に現時点で解散した場合に株主に配分される1株あたりの金額の何倍か

ということを表しています。

PBRの使い方

PBRは株価の割安度を測るために使います。

前述のようにPBRは「株価(1株の価格)が、
企業が仮に現時点で解散した場合に株主に配分される1株あたりの金額の何倍か」
ということを表しています。

株価が1000円、1株あたりの純資産が1250円の企業を考えてみましょう。

この企業の株は1株1000円で購入できます。
そして、もし仮にこの企業が解散した場合は1株あたり1250円が株主に分配されます。

1000円で買ったものが1250円で帰ってくることになるので株価が割安と判断できます。

この企業のPBRは1000円÷1250円=0.8倍です。

つぎに、株価が1000円、1株あたりの純資産が1000円の企業を考えてみましょう。

この企業の株は1株1000円で購入できます。
そして、もし仮にこの企業が解散した場合は1株あたり1000円が分配されます。

1000円で買ったものが1000円で帰ってくることになるので「とんとん」ということになります。

この企業のPBRは1000円÷1000円=1倍です。

このようにPBRが「1倍」となる株価の水準が株価の底値として意識されやすい傾向にあります。
(下落中の株価がPBRが1倍となる水準で下げ止まるケースがよく見られる)

ナガ

PBRが1倍よりも小さい企業は割安ととらえることができます

PBRの注意点

PBRだけで株価が割安と判断して株を購入してしまうと危険な場合があります。

将来的に業績が悪化すると予想されている企業の株価は下落してきます。

株価(PBRの計算式の分子)が下落するとPBRは低下します。

それだけ割安度が増したと判断することもできますが、
その後、予想どおり企業の業績が悪化したとします。

業績の悪化により純資産(PBRの計算式の分母)が減少するとPBRは増加します。

このようにPBRが割安なので株を購入したが、
その後、企業業績が悪化し純資産が減少するとPBRが上昇しれほど割安な買い物ではなかった。
ということになりかねません。

PBRが低い値で放置されている企業はそれなりの理由があるものです

そのため企業業績についても併せてチェックするようにしましょう

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回はPBRについてご紹介しました。

PBRをつかって株価の割安度を測ることができます。

PBRが「1倍」となる株価の水準が、株価の底値として意識されることが多いです。

ただPBRは万能の指標ではないため、
必ず企業業績についてもチェックをするようにしましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

資格試験好き。IT系会社員です。
株式投資歴5年|プログラマー歴10年|データベーススペシャリスト|
ネットワークスペシャリスト|情報処理安全確保支援士(セキュリティスペシャリスト)|FP2級|簿記2級

コメント

コメントする

目次(クリックで飛べます)
閉じる