株価の割安度を測る!PER(株価収益率)とは?

ナガ

こんにちは!ナガです

今回はPER(株価収益率)について紹介します。

わかりやすく解説していますのでぜひ見ていってください!

目次(クリックで飛べます)

PERとは

PER(株価収益率)は、「株価が1株あたりの純利益の何倍か」を表す指標です。

PERは「Price Earnings Ratio」の頭文字をとったのもです。
日本語だと「株価収益率」といいます。

Priceは「株価」、Earningsは「収益」、Ratioは「比率」です。

PERの計算式

PERは下記のように計算します。

PER(倍)=株価(円)÷EPS(円)

計算式は簡単で、株価をEPS(1株当たりの純利益)で割るだけです。

株価とは、その言葉どおりその企業の株式1株の価格です。

EPSは1株当たりの純利益のことで、純利益を発行済株式数で割って求めた金額です。

EPSについて詳しくはこちらをご確認ください

PERは下記のように計算することもできます。

PER(倍)=時価総額(円)÷純利益(円)

時価総額は、株価(1株の価格)に発行済み株式総数を掛けたものです。
発行済み株式総数はその企業が発行したすべての株式の数のことです。
つまり時価総額は、その企業の株式をすべて買い占めるために必要な金額を表しています。
株式をすべて買い占めることは、その企業を完全に支配下に置くことと同じですから、時価総額は「企業そのものの価格」ととらえることができます。

時価総額について詳しくはこちらをご確認ください

純利益は、企業が一定期間に稼ぎ出した利益の金額のことです。

2つ、EPSの計算式を紹介しましたが、下記の通り、
2つの計算式の意味するところは同じです。

PER(倍)
=時価総額(円)÷純利益(円) ←【2つ目の式】 
=(株価(円)×発行済株式数(株))÷(EPS(円)×発行済株式数(株))
=(株価(円)×発行済株式数(株))÷(EPS(円)×発行済株式数(株))←【約分します】
=株価(円)÷EPS(円) ←【1つ目の式】

PER計算の具体例

具体的な例を見てみましょう。

株価が1000円、EPSが100円の企業のPERを計算してみましょう。

PER(倍)=株価(円)÷EPS(円)
      =1000円÷100円
      =10倍

つぎに、株価が2000円、EPSが100円の企業のPERを計算してみましょう。

PER(倍)=株価(円)÷EPS(円)
      =2000円÷100円
      =20倍

つぎに、時価総額が1000億円、純利益が100億円の企業のPERを計算してみましょう。

PER(倍)=時価総額(円)÷純利益(円)
      =1000億円÷100億円
      =10倍

つぎに、時価総額が2000億円、純利益が100億円の企業のPERを計算してみましょう。

PER(倍)=時価総額(円)÷純利益(円)
      =2000億円÷100億円
      =20倍

PERの意味するところとは

PERは株価を1株あたりの純利益(EPS)で割って求めることから、
株価が1株あたりの純利益(EPSの何倍か」を表しています。

株価が1000円、EPSが100円の企業を考えてみましょう。

この企業の株を1株買うのに1000円必要です。
この企業は1年に1株あたり100円の利益を稼いでいます(EPS=100円)。

投資家がこの企業の株を1株1000円で買った時、
この投資金額1000円を企業が稼ぎ出す利益で回収できるのは何年後でしょうか?

1000円(投資金額)÷100(1年あたりの利益)=10(年)

上記の計算式で10年で回収できることがわかります。
この計算式はPERの計算式と同じです。
つまりPERは「投資金額を利益の何年分で回収できるのか」を表しているのです。

PERの使い方

PERをみることで株価の割安度を測ることができます

前述のようにPERは「投資金額を利益の何年分で回収できるのか」を表しています。

PERが低ければ投資金額を回収できるまでの年数が少ないので株価が割安。

PERが高ければ投資金額を回収できるまでの年数が多いので株価が割高。

と判断することができます。

ナガ

A社のPERは20倍
B社のPERは10倍
B社のほうが割安のようだ。

全市場のPERの平均(2020年9月時点)は、情報通信業界で約70倍、銀行業界で約14倍です。
このように業種業界ごとにPERは大きく異なります。

PERの注意点

PERだけで株価が割安と判断して株を購入してしまうと危険な場合があります。

将来的に業績が悪化すると予想されている企業の株価は下落してきます。

株価が下落するとPERは低下します。

それだけ割安度が増したと判断することもできますが、
その後、予想どおり企業の業績が悪化して利益が減少したとします。
利益が減少するとPERは上昇します。

このようにPERが割安なので株を購入したが、
その後、企業業績が悪化し利益が減少してPERが上昇しそれほど割安な買い物ではなかった。
ということになりかねません。

PERが極端に低い値で放置されている企業はそれなりの理由があるものです
そのため企業業績についても併せてチェックするようにしましょう

またPERは人気の尺度でもあります

業績が絶好調の企業で将来もそれが続くと予想されている企業のPERは、
おどろくほど大きな値になっていることがあります。
(株価が急上昇しているため)

PERを見て割高と判断して購入を見送ったが、
その後も好業績がつづき株価がどんどん上昇していってしまったということもよくあります。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回はPERについてご紹介しました。

PERをつかって株価の割安度を測ることができます。

ただPERは万能の指標ではないため、
必ず企業業績についてもチェックをするようにしましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

資格試験好き。IT系会社員です。
株式投資歴5年|プログラマー歴10年|データベーススペシャリスト|
ネットワークスペシャリスト|情報処理安全確保支援士(セキュリティスペシャリスト)|FP2級|簿記2級

コメント

コメントする

目次(クリックで飛べます)
閉じる