いつ売る?25日移動平均線を使った株を売るタイミングを見極める方法

ナガ

こんにちは!ナガです

今回は、株を売るタイミングについて考えてみたいと思います。

株を売るタイミングを測る方法として最もポピュラーな、
移動平均線を使った方法についてご紹介します。

株を買うタイミングについてはこちらをご確認ください

目次(クリックで飛べます)

移動平均線とは

ナガ

今回は、25日移動平均線を使った方法をご紹介します

移動平均線って何?という方はまずはこちらの記事からご確認ください

株を売るタイミングその1「株価が25日移動平均線を下抜けた時」

株価が25日移動平均線を下抜けた時、株価が下降トレンドに入る可能性が高くなります。

そのためこのタイミングで売りを検討します。

★のタイミングで売りを検討します

赤いラインが25日移動平均線。青いラインが株価チャート。

もちろん、予想に反して売却後に株価が上昇することもあります。

この場合は株価が25日移動平均線を再度上抜けた時に、
再度買いを検討します。

★のタイミングで買いを検討します

赤いラインが25日移動平均線。青いラインが株価チャート。

株を売るタイミングその2「株価が直近の安値を下回った時」

株価が直近の安値を下回った時、
その後も株価が下落していく可能性が高いとされています。

そのためこのタイミングで売りを検討します。

前述の25日移動平均線を下抜けた場合に売却の判断をするよりも高値で売却できます。

★のタイミングで売りを検討します

赤いラインが25日移動平均線。青いラインが株価チャート。緑のラインが直近安値ライン。

ただ予想に反して株価が
25日移動平均線を下回らずに上昇した場合は、
売らされてしまった形にはなってしまいます。

結果論ではありますが、
この場合は、売却ラインを25日移動平均線の水準にしておいたほうがよかったということになります。

赤いラインが25日移動平均線。青いラインが株価チャート。緑のラインが直近安値ライン。

株を売るタイミングその3「株価が5日移動平均線を下抜けた時」

株価が急激に上昇した場合、
株価と25日移動平均線の差が大きくなります。

急激に上昇した株価は
急激に下落してしまうことも多いです。

このような場合、先述の25日移動平均線を株価が下回るまで売却しないでいると、
利益を取り漏らしてしまう場合があります。

このような場合は、
5日移動平均線を下抜けたかどうかで売却の検討をします。
5日移動平均線を用いることで、
25日移動平均線を使用するよりも早く売却の判断が可能となります。

★のタイミングで売りを検討します

赤いラインが25日移動平均線。青いラインが株価チャート。緑のラインが5日移動平均線。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

株を売るタイミングについてざっくりとご紹介いたしました。

より詳しく勉強したいかたは足立武志さんのこちらの書籍が非常に勉強になりますのでぜひご参照ください。

株を買うタイミングはこちらの記事をご確認ください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

資格試験好き。IT系会社員です。
株式投資歴5年|プログラマー歴10年|データベーススペシャリスト|
ネットワークスペシャリスト|情報処理安全確保支援士(セキュリティスペシャリスト)|FP2級|簿記2級

コメント

コメントする

目次(クリックで飛べます)
閉じる