データリンク層

スポンサーリンク
プログラミング

OSI参照モデルとは?

OSI参照モデルはネットワークに関するプロトコル(通信規約)を7つの層に分類したものです。 コンピュータとコンピュータがネットワークを通じて通信するとき 、たくさんの機能が必要になります。 通信というものは相手があるものですから自分だけが...
プログラミング

データリンク層で活躍するネットワーク機器「L2スイッチ」

前回の記事では物理層のネットワーク機器「ハブ」について紹介しました。 下の図はOSI参照モデルの物理層、データリンク層、ネットワーク層の各層に対応するネットワーク機器を示しています。 今回はデータリンク層で活躍するネットワーク機器「L2ス...
プログラミング

データリンク層で活躍するプロトコル「イーサネット」

前回の記事ではデータリンク層のネットワーク機器「L2スイッチ」について紹介しました。今回はデータリンク層のプロトコル「イーサネット」について紹介します。OSI参照モデルのデータリンク層では、隣接するノードと通信を行うための機能が定義されて...
プログラミング

データリンク層で活躍するアドレス「MACアドレス」

コンピュータとコンピュータがネットワークを通じて通信を行うために 通信相手を正しく識別する必要があります。 ネットワークの世界では ・MAC(Media Access Control)アドレス ・IP(Internet Protocol)...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました