OSI参照モデル

ネットワーク

OSI参照モデルとは?

OSI参照モデルはネットワークのプロトコルを7つの階層に分類したものです。7つの階層に分類することによってプロトコルの機能が明確になります。ネットワークを学習するときにはそのプロトコルがOSI参照モデルのどの層に属するプロトコルなのか意識することが大切です。
ネットワーク

OSI参照モデルとTCP/IPモデル

OSI参照モデルとTCP/IPモデルの対応について説明しています。 OSI参照モデルのほうTCP/IPモデルよりも細かく階層が分かれています。ただ実際に普及しているのはTCP/IPモデルのほうです。
ネットワーク

【OSI参照モデル】カプセル化と非カプセル化を解説

こんにちは!nagaです! 「OSI参照モデル」や「TCP/IPモデル」では 「層」というものでプロトコルを分類していました。 今回は「OSI参照モデル」の「層」と「層」の間でどのようにデータが受け渡されるのかを解説したいと思います! キーワードは「カプセル化」と「非カプセル化」です!
ネットワーク

物理層とは?

物理層では、電気信号や光信号を「0」と「1」の信号に変換し、 それを正しく送受信するためのルール・機能が定義されています。 ネットワークメディア(伝送媒体)の種類などもこの層で定義されています。
ネットワーク

データリンク層で活躍するプロトコル「イーサネット」

OSI参照モデルのデータリンク層では、 隣接するノードと通信を行うためのルール・機能が定義されています。 データリンク層のプロトコルに「イーサネット」があります。 現在のLANはほとんど「イーサネット」で構築されていますので押さえておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました