10進数を2進数に変換してみましょう!

変換してみましょう!

私たちが普段使用している「10進数」は
「0」「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」の10種類の値で数値を表現します。

一方、「2進数」は 「0」と「1」の2種類の値で数値を表現します。

コンピューターの内部で情報は「2進数」で取り扱われています。
そのため、ネットワークの学習においても「2進数」がどういうものか理解しておくことが大切です。

私たちが普段使用している「10進数」との比較で
「2進数」がどういうものか考えてみましょう。

「10進数」と「2進数」の対応関係はこのようになります。

「2進数」は「0」と「1」しか使いませんので
「10進数」の「2」を「2進数」で表現すると桁が一つ繰り上がって「10」となっていますね。
「0」の次は「1」、 「1」の次は「2」ではなく、桁が繰り上がって「10」になる。と覚えておきましょう。

「2」など小さな数値であれば「2進数」への変換は簡単ですね。
では、例えば「179」など大きな数値を「2進数」へ変換する場合はどうしたらよいでしょう?

ちょっと難しいですよね。
では簡単に変換できる方法をご紹介します。

<変換方法>
「10進数」を、商が0になるまで2で割った時の余りを並べる。これだけです!

具体的な数値で考えてみます。

下の図を見てください。
「 10進数」の「179」を「2進数」に変換しています。

まず、179を2で割ります。商は89、余りは1です。
次に、商89を2で割ります。商は44、余りは1です。
次に、・・・ というように商が0になるまで繰り返します(①)。
求められた余りを下から順に並べます(②)。
それが2進数に変換された数値になります。

「10進数」の「179」は 「2進数」で表すと「10110011」です。

慣れるまでは難しいと思いますので、
「10進数」の数値を変えて何度か変換の練習をしてみてくださいね。

つぎは、「2進数」を「10進数」に変換する方法を見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました